チーズまんじゅう、チョコカスター、抹茶大福、カフェ大福 @ お菓子の吉田屋(鹿児島県南九州市知覧町)

0 0
ミニ西郷さん。


この日は鹿児島にお出かけ。

もちろん?目当ては「天文館むじゃき」さんの『白くま』です。

でもそれはおやつに利用する方針にして、お昼は別のところにいこうかと。

ということで、目標にしたのが指宿で。こちらでお昼とったあとで温泉浸かって、それから鹿児島へリターン、という計画にしておりました。

が、諸事情により、我両親宅を出発したのが10:00、さらに人吉ICまで向かう道でちょうど眼の前に大型トラックがテレテレ走っておりまして…。

いつもならこのルート、道を譲ってくれるトラック運ちゃんが多いのですが、今回はダメでした…。ということで、通常40分ぐらいで人吉ICまで行けるのですが、1時間かかりました。

で、九州自動車道を走り、12:00ちょい前に桜島S.A.の観光案内所で「指宿まであとどれぐらいかかりますか?」と確認したところ、「90分ぐらいです」と。それだと昼食が遅くなるので、指宿は断念。代替え案として知覧に行くことに。

知覧だと、とあるお店を目にしていたのですが、これがなかなか見つからず…。さらには、非常に細い道に入ってしまい、Uターンも出来ずに立ち往生状態…。

その後で、駐車場に車を入れて歩いて探してみるも見つからず…。知覧の知覧武家屋敷庭園のチケット売りのおばちゃんにそのお店の場所を訪ねてみたところ、「あ~、そのお店、ご主人がご病気で、いまお休みしているのよねぇ~」とのこと。またまたツイてない…。

まあ予定通り行かないから、旅は楽しいんですけどね。

20110731_01.jpg
ちなみに知覧の武家屋敷群はこんな感じです。日本的でありながら東南アジアの雰囲気も漂っていて、なんとも言えない空間。夏のくそ暑い時期ではなく、気候のいいときにゆっくり回ってみたいです。

で、結局昼食をとったのが14:00。最初から指宿にしていてもよかったかも。

武家屋敷群は飲食店があまりなく。

あ、武家屋敷群周辺よりも知覧特攻平和会館周辺のほうが中心街なので、こちらのほうが飲食店の数、多いです。なので知覧で昼食取る場合、知覧特攻平和会館周辺で探したほうがよろしいかと。

んで、なんとか入ったお店はそこそこ美味しかったですが、量的に少なく。なのでなにかデザートでも買ってみようかと。

で、知覧は(城下町ではないのですが)古くから武士が住んでいた街であるせいか、和菓子屋さんが結構目につきます。飲食店少ない武家屋敷群周辺でも3~4件ぐらい、あったかなぁ?

20110731_02.jpg
で、そのうちの一軒である「お菓子の吉田屋」さん、というお店で購入。

20110731_03.jpg
『チーズまんじゅう』で。115円です。

米ノ津にも見かけましたが、知覧でも。鹿児島も宮崎と同じく『チーズ饅頭』の生息地域なんでしょうか?

20110731_04.jpg
皮はパイ生地。「菓匠 田中」さんとは異なりますね。パイ生地自体は『武者返し』よりちょっとしっとりしているタイプですね。

さらにこちらのチーズ饅頭は、芋あんの中にチーズあんが入っていました。

「菓司 田中」さんとは品名は同じですが、構成はまったく異なりますね。まあチーズあんが入っていれば、なんでも『チーズ饅頭』と名乗っているのかと。

衝撃度は「菓匠 田中」さんのほうが高いですが、115円でこの内容であれば、十分満足できるかと。

20110731_05.jpg
『チョコカスター』。110円。我娘用に購入。味見はしていません…。

『萩の月』系のお菓子かと。チョコ味以外にも、(ノーマルな)カスタード味、抹茶味もあります。

20110731_06.jpg
『抹茶大福』と『カフェ大福』。115円。

最近流行り和風スイーツでよく見かける、ふわふわ皮の大福、ですね。

中にはクリーム+抹茶あんor珈琲あんがはいっています。

首都圏で売っている似たようなものより、CPがいいですねぇ。

ちなみに運転中に食べたのですが、打ち子が結構ついているので、食べていると粉が落ちてきて、服が白くなるので要注意です…。

なお、「お菓子の吉田屋」さん、今回紹介した以外にも様々な和菓子を取り扱っておりますので、あれやこれや、いろいろと悩みながら購入されたい方には、もってこいのお店かと。

さらにこちらの店主?の方が、西郷隆盛をちっさくしたような可愛らしくて愛嬌のあるおじーちゃんで、そんなところも愛すべきお店かと。

皆さんも知覧行った際には是非、寄ってみてくださいねぇ~。他の和菓子屋さんでも満足するかと!
関連記事
ページトップ