鉾餅 @ 霧島神宮休憩所(九面屋)(鹿児島県霧島市霧島田口)

0 0
ちゃんとアナウンス、しないと!


今回の旅行で観光らしきものは少なかったのですが(と、言いますか、いつもそんな感じですが…)、一応、お初の観光地があり。

『霧島神宮』、ですね。

我両親の家からは車で90分ほどの距離にあるのですが、いままで行く機会がなく…。以前から気になっておりましたので、今回、はじめて行ってみました。

20110727_23.jpg
まず目につくのが、『冠木門』。真っ赤な鳥居です。

20110727_22.jpg
その右隣にありますのが、『さざれ石』。国家で 「さざれ石の巌となりて」 と歌われている、あの石のことです。って説明がなければ、通り過ぎてしまうような感じですが…。

20110727_24.jpg
『御神木(杉)』。樹齢700年とも800年とも言われている、立派な神木です。

20110727_25.jpg
で、霧島神宮のメインであります本殿前の『勅使殿(ちょくしでん)』は…改装中でした。

えーえー。公式WebSite見ても、「改装工事中です」なんて書いてないじゃん…。だから夏休み期間というのに、観光客、少なかったんだ…。

いろいろ探してみても、改装工事期間、まったく載ってないし。

こーゆー重要な情報は、ちゃんと掲示しないと、利用者から批判受ける、ということを理解していないのでしょうか…。

で、気を取り直して、お土産を購入。

霧島神宮、周辺に俗っぽいお土産屋さんがごろごろ、というのはなく、駐車場近くに一軒だけ 霧島神宮休憩所内にひっそりと営業しております。こーゆーところは雰囲気を壊さないようにしていて、いいんですけどねぇ。如何せん情報開示の点に関しては、納得しませんが。

20110727_26.jpg
購入したのは、霧島神宮のみでしか購入することのできない、『鉾餅』というお菓子。

『薩摩大使』や『赤松』などの鹿児島土産を作っている「九面屋」さんの製造とのこと。

20110727_27.jpg
実物はこんな感じで。金額は…すいません、レシート破棄してしまったので不明です。でもそんなに高くありませんでした。おみやげとしては、安い部類です。

ちなみに個数いろいろと入って売っておりますので、職場などで配るときには人数に合わせて購入できるので、使い勝手がよろしいかと。

お味はともうしますと、求肥のなかにあんこがはいっており、周辺にニッキ(シナモン)をタップリとまぶしてあります。

京都の『生八ツ橋』に近い感じですかねぇ?でも八つ橋よりニッキがたっぷりです。

皮も八つ橋より厚いので、もっちり感が好きな人には『鉾餅』の方がおすすめかも。

ちなみに、店頭には試食が出ておりまして、お店の方が「味見してみてください~!」とすすめて下さいます。遠慮せずに味見して、美味しかったら購入しましょう!

って味見して、我娘がすっごく気に入ったので、即購入したわけですが…。

なお、鹿児島県内はじめ、他のおみやげ屋さんでは一切『鉾餅』、見かけませんでした。なので、「霧島神宮のみでしか売っていない」は本当かと。

なので、霧島神宮に来て、味見して、気に入ったらその場ですぐ買わないとダメですよ~!

って霧島神宮行くのは、改装工事が終了してからのほうがいいですけど!いつ終わるんだか、まったくわかりませんが!
関連記事
ページトップ