FC2ブログ


   teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~
   横浜(の外れ?)の飲食店や自炊ネタを中心に食ネタをいろいろと。 ってグルメじゃないので単なる備忘録なんですけど(汗。最近はランニング&マラソンネタが多いかなぁ…。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

teru

  • Author:teru
  • 横浜(の外れ?)や自炊ネタを中心に食ネタをいろいろと。 ってグルメじゃないので単なる備忘録なんですけど(汗。基本、しょぼいブログです(汗。

    「ヨコハマ買い出し紀行」は読んだこと、ないんです(汗。 「我妻」って書いてますけどマックユーザーじゃありません(汗。

    トラックバックやコメントは遠慮なくどうぞ!(我妻に「コメント、少ないよねぇ・・・」って言われているので(涙)
    ※ただし、宣伝のためにまったく関係ないネタにTB張るのはやめてくださいね~。勝手に削除しますから。
    あとアフィリエイトのためだけの場合も・・・。

    本ブログは私の「主観」で書いてますので「絶対」ではありません。もし本blogのエントリーで不利益を生じる方がいましたら削除しますので、以下のメールフォーム経由で連絡願います。

    上記以外にも、何か連絡事項があれば、同じくメールフォーム経由で。

    ツイッターのアカウントは以下の通り。
    http://twitter.com/yokohamateru

    別ブログで「ほんからり ~本からいろいろリンク~」って言うの、やってます。本の参考文献や掲載店のリンク集がメインです。ってこちらもしょぼいブログですが…(汗。

    2013/1/1より「横浜ランニング日記」を始めました。こちらもよろしく~。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2020年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア


Powered By 画RSS

「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」をBlogPeopleに登録 by BlogPeople

"teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~"をRSSリーダーに登録できます。
以下のアイコンをクリックしてください。
RSS

Googleに追加
My Yahoo!に追加
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 球界の野良犬 @ 愛甲猛
えーと、横浜に住んでいると、甲子園優勝の記憶から「松坂世代」と「愛甲世代」にわかれると思いますが、私、バリバリ(死語)の「愛甲世代」であります。って「バリバリ」とか言っている時点ですでに「愛甲世代」ってバレてしまいますが(汗。


以前お話したことがありますが、私は小さい頃、竹中直人の生まれ故郷であります、金沢区の富岡というところに住んでおりました。

最寄り駅は京急富岡で(ちなみに昔は京浜富岡)、隣駅の能見台(ちなみにこちらも昔は谷津坂)には、野球で有名な横浜高校がありました。って地元民からは「ヨタ校」と呼ばれておりました(汗。

そんなヨタ校こと横浜高校が、愛甲猛という投手の活躍で夏の甲子園で優勝したのが、1980年。決勝の早稲田実業戦では、愛甲猛VS荒木大輔という2大エースの対決となり、メディア的にも大騒ぎだったのを記憶されている方も多いのではないかと(ちなみに決勝戦では両エースとも調子がいまいちで、投手戦ではありませんでしたが…)。

優勝した後のヨタ校凱旋で、学校周辺はえらい盛り上がりで、人がわんさかと来ていたのを覚えております。

で、愛甲猛氏は、その年のドラフトで、ロッテに1位指名され入団。ロッテは意中の球団ではなかったので、ものすごーく嫌そうな顔をしていましたが(汗。

投手としては目が出ませんでしたが、野手に転向し、ロッテの主力として活躍。しかし、広岡GMが来てからは調子を落とし、中日に無償トレード。中日時代では代打メインで活躍。

2000年に引退。引退後は失踪事件などをおこしておりました(汗。

って私が書くまでもなく、Wikipediaに詳しく載っていますので、詳細はそちらを参照してください。(汗。

そんなこんなで愛甲猛氏のことは結構気になっていたのですが、いつのまにやら本をだしていたらしく(汗。全然気がつかなかった…。実際に読んだ方から「面白いから読んだほうがいいよ!」と言われ、やっと読みました。

20101012_01.jpg
それがこちら『球界の野良犬』、ですね。

インパクト大のタイトルに負けず劣らず、本文の方もインパクト大、です(笑)。いやぁ~、こんなこと書いていいの?というのが満載で(汗。

中日移籍以降の話は引退の影がちらほら、引退後もあまりいい人生ではないようで(汗、トーンダウンしてしまいますが、ロッテ時代までのお話はほんと、「愛甲世代での横浜のヤンキー学校」や「80年代~90年代のプロ野球」を知っている方であれば、楽しんでいただけるのではないでしょうか?

ということで、ちょろと本文から楽しい箇所を抽出。

------
 アマチュア時代から遊びを野球の肥やしにしてきた。「汗と涙の甲子園」、その裏でやっていたのはタバコ、麻雀、女、バイク、シンナー。決して褒められた遊びではないし、シンナーなどはもってのほかだ。しかし、悪さといえど、思い切ってやったからこそ、プロ野球選手としてそこそこの実績が残せた気がする。

------
 父・勇夫と母・ユキエはお互いに再婚だった。父は前の妻、母は前の夫と死に別れた同士で、創価学会信者という縁で結婚に至った。そんな二人の間に生まれたのが俺だった。

------
 雨で練習ができなくなると、不良仲間と1000点30円の麻雀が始まる。ヤツらとはプロに入ってからも時々麻雀したが、数年経つと、俺以外の3人はタバコが覚せい剤に変わっていた。

------
渡辺監督は、素質のある中学生を見つけると「県立横浜高校」と偽ってスカウトしていたという。今でこそ優秀な進学校である横浜高校も、当時は横浜界隈で"ヨタ校"と呼ばれていたほど、ワルが集まる高校だった。文武両道の学校を作るつもりが文がなく武ばかり。

------
 そういえばこのころ、横浜スタジアムで巨人軍のトレーナーに診てもらったとき、監督だった長嶋茂雄さんと初めて会った。
 「愛甲君、良く来たね、野球はどう、おもしろい?」
 こんな言葉をかけると同時に、長嶋さんは大きな屁を放った。

------
 体育の授業中、体育館にある体育教官室に呼ばれると、やはり色紙が100枚ほど積まれていた。傍らにはみかんやお茶などが用意されていた。
 「愛甲、今日は授業に出なくていいからよ、サイン頼むよ。ほれ、みかんでも食べろ。なんだったらタバコも吸うか?」

------
 タバコ以外はすべて久々。1年間の禁欲生活を得た欲望生活である。ガキの悪さが大人の遊びに変わった。飲めや食えや、連日の宴で、甲子園から戻った時の4キロ減はアッという間にリバウンド。
 俺でこの有様。松坂大輔のときはもっとすごかっただろう。

------
 ちなみに同級生にはアテネオリンピックで銀メダルをとったアーチェリーの山本博がいた。今でこそ大学の先生だが、その頃といえば…。対して変わらないレベルだった、と言っておこう。

------
 それからというもの、オフクロの活動はますます熱を帯びていった。近所でも一、ニを争う熱心さに加え、いきなり懐に余裕ができたこともあり、学会内での立場も上がって行った。

------
 周囲の人は口々に、「お母さんの熱心な信心のお陰だよ」とか「(準決勝の)天理戦では全国の学会員が応援していたんだよ。あそこに負けてなるものか、と。僕らのお題目のお陰で君は勝てたんだ」などと言っていた。
 それから数年、正月になると池田先生とお会いしていた。婦人部、芸能部とともに、スポーツ関係者の顔が多く見られる席上で、「愛甲君、お母さんは元気かい」と毎年声をかけられたものだ。

------
 余談だが、オチさんの女性の好みは"玄人"だった。
 川崎球場はソープ街・堀之内の近くにあった。試合が終わると直行するナインもいたが、オチさんも例外ではなかった。

------
 あの時代の西武ライオンズといえば、東尾さん、秋山幸二、渡辺久信、工藤公康など遊び人が勢揃いしていた。無冠の帝王と呼ばれたキヨも遊びに関しては完全無欠のホームラン王である。


てな感じです(笑)。

興味ある方は、ぜひ読んでみてくださいねぇ~。


↑「なぜ話題にならないのでしょうか?黙殺ですよね。ちゃんと紹介したらいいのに。」というレビューあるのですが、正しくそのとおり。雑誌や新聞でまったく取り上げてくれないから全然気がつかないんですよねぇ…。まあ内容が内容なだけに(汗、難しいのかもしれませんが…。


ちなみに、「おわりに」で、「横浜では自分のことを「テメエ」と言う。」って書いてあるんですけど、う~ん、富岡では、相手に対して「てめえ、コノヤロー!」とか言うことはありましたけど、自分自身にはあまり使わないような…。どっかの他の(横浜の)地域ではこー使うんでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

横浜情報 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:8
(2010/10/14(木) 23:33)

<<『メロンパンの真実 @ 東嶋和子』の私のメロンパン・セレクション20 | ホーム | 盛り合せ弁当 @ 勝烈庵フーズ 高島屋横浜店(横浜市西区南幸)>>

コメント
  横浜スタジアムへさんへ
コメントありがとうございます。

う~ん、指導者としてどうなんでしょうか、愛甲は…。ちなみに中畑清もどーなんでしょうか?と感じておりますが。

って今シーズンだめだったら高木豊が昇格ってどうでしょうか?
URL | teru #- | 2013/03/17(日) 22:19 [ 編集 ]

  愛甲猛は面白い
ニコニコ動画に愛甲猛の解説

横浜高校が好きな愛甲

大洋ホエールズ(DeNAベイスターズ)が今でも好きな愛甲だね

中畑の次に愛甲監督さん!
URL | 横浜スタジアムへ #- | 2013/03/16(土) 03:05 [ 編集 ]

  kanさんへ
>カラダ全体については、どの病院に行っても「ゆっくり痩せましょう」という結論になりますね~

なるほど~。私も言われました、「痩せましょう」って(汗。で、若い女医さんに言われたので、真面目に聞こうかと(笑)。
まだ2kgしか痩せていませんが…。

お互い、頑張りましょう…。
URL | teru #- | 2010/10/22(金) 21:56 [ 編集 ]

  あっ、
正確には女子医大は専門病棟に分かれてますので、ある特定の部分についてのみの診察・治療なんです。
その特定の部分については安静&ストレスフリーの現環境のおかげで悪化しない傾向にありますので、女子医大側としてはそれで問題ないのですね。
カラダ全体については、どの病院に行っても「ゆっくり痩せましょう」という結論になりますね~
URL | kan #- | 2010/10/20(水) 23:00 [ 編集 ]

  kanさんへ
そんなにぼろぼろなんですか(汗。
じゃあ当分飲みに行けないっすねぇ(涙。

まずは「身体が資本」なので無理なさらずに・・・。

>やはり病院(女子医大とは別に)に行かないとダメかもしれません…

あんまり長引くようならセカンドオピニオン、必要かもしれませんねぇ。
URL | teru #- | 2010/10/17(日) 22:30 [ 編集 ]

  いや~
相変わらず体調がすぐれないので、旅行どころかちょっとした外出も控える始末です。
やはり病院(女子医大とは別に)に行かないとダメかもしれません…
URL | kan #- | 2010/10/16(土) 00:21 [ 編集 ]

  kanさんへ
>地域よりも、その人を取り巻く環境によるところが大きいような…

やっぱりそうですか…。

「これって地域じゃなくて、ヨタ校だからじゃないの?」って思ってました(汗。

そうそう、最近ブログ更新されていなかったので、海外にでもいらっしゃってるのかなぁ?と思ってました。違ったんですねぇ(汗。

URL | teru #- | 2010/10/15(金) 23:02 [ 編集 ]

  自分のことを
「てめえ」と言う…
地域よりも、その人を取り巻く環境によるところが大きいような…
わりと自虐的というか謙譲的に「てめえ」を使用する例もあると思いますね。
「てめえのやったことをてめえで始末つけられなくてどうする」みたいな。
URL | kan #- | 2010/10/15(金) 00:33 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://terusblog.blog3.fc2.com/tb.php/1503-c393256c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア