teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~
   横浜(の外れ?)の飲食店や自炊ネタを中心に食ネタをいろいろと。 ってグルメじゃないので単なる備忘録なんですけど(汗。最近はランニング&マラソンネタが多いかなぁ…。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

teru

  • Author:teru
  • 横浜(の外れ?)や自炊ネタを中心に食ネタをいろいろと。 ってグルメじゃないので単なる備忘録なんですけど(汗。基本、しょぼいブログです(汗。

    「ヨコハマ買い出し紀行」は読んだこと、ないんです(汗。 「我妻」って書いてますけどマックユーザーじゃありません(汗。

    トラックバックやコメントは遠慮なくどうぞ!(我妻に「コメント、少ないよねぇ・・・」って言われているので(涙)
    ※ただし、宣伝のためにまったく関係ないネタにTB張るのはやめてくださいね~。勝手に削除しますから。
    あとアフィリエイトのためだけの場合も・・・。

    本ブログは私の「主観」で書いてますので「絶対」ではありません。もし本blogのエントリーで不利益を生じる方がいましたら削除しますので、以下のメールフォーム経由で連絡願います。

    上記以外にも、何か連絡事項があれば、同じくメールフォーム経由で。

    ツイッターのアカウントは以下の通り。
    http://twitter.com/yokohamateru

    別ブログで「ほんからり ~本からいろいろリンク~」って言うの、やってます。本の参考文献や掲載店のリンク集がメインです。ってこちらもしょぼいブログですが…(汗。

    2013/1/1より「横浜ランニング日記」を始めました。こちらもよろしく~。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2010年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア


Powered By 画RSS

「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」をBlogPeopleに登録 by BlogPeople

"teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~"をRSSリーダーに登録できます。
以下のアイコンをクリックしてください。
RSS

Googleに追加
My Yahoo!に追加
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 「野毛通手形」で一杯 その4 @ Meal&Drinks Bar GONZA(横浜市中区宮川町)
ここは外せない。


さて、「野毛通手形」の4件目です。

横浜すきずき」さんを出て向かったのは…。

20101020_18.jpg
Meal&Drinks Bar GONZA」というお店で。

って、以前「GONZA」さんを利用したときに、「おぉ、雰囲気よし!メニューよし!なによりも食べ物よし!それに奥さん美人だし(笑)!この店はリピート確実だな!」と。んで、他の方とも利用したりしていました。んで「GONZAが野毛通手形に参加!」という情報を得てからは、ここだけは絶対に外せないな!と思っておりました。

で、「GONZA」さんに着いたのは20:00ぐらいでしょうか?。店内を覗くと…お客さんでいっぱいです(汗。入れるかどうか"美人"の奥さんに聞いてみたところ、「丁度3人、カウンター席空いてます!」とのこと。日頃の行いが良かったですぅ(笑)。

「GONZA」さんは手形2枚店、ですね。今回2枚店はここだけでした。

飲み物はワイン系からチョイス可能です。ボードにいろいろ銘柄が書いてありまして、その中から選択してください、とのこと。って、野毛通手形用に用意されたわけではなく、当日「本日のワイン」として提示されているものですね。

白ワイン、赤ワイン、スパークリングワインと好きなモノがチョイスできます。お値段は500円~700円といろいろ。

20101020_19.jpg
私は一番高い(笑)、700円の白ワインをチョイスしました。ってごめんなさい、銘柄は覚えてないのよぉ~(汗。後味すっきりで、飲みやすかったですよ。

んで、食べ物に関しては、驚愕すべき事実が。な、なんと、『前菜3種盛り』とのこと。これって通常900円で提供しているものなので、ワインと込みだと1400円~1600円分の内容なんですよねぇ。これが手形2枚(1200円分)なんて安すぎる!

20101020_20.jpg
この日の前菜メニューは以下のとおり。この中から3点、チョイスできます。
・スペイン産生ハム
・イタリア産生サラミ
・砂肝のグリル
・タコのガリシア風
・マグロのカルパッチョ
・エビのフリット
・レンコンのキンピラ
・しいたけのオリーブ焼
・フルーツトマトのカプレーゼ
・ゴボウチップ
・クリームチーズ&クラッカー ハチミツがけ
・キッシュ

20101020_21.jpg
で、私がえらんだ前菜3種はこんな感じで。ご主人の作る料理は美味しいので、手が込んでいるものをチョイスしました。

20101020_22.jpg
まずは『キッシュ』で。これ、普通のお店で食べたらこれだけで400~500円ぐらい取られることあるよなぁ…という味&量です。しっかりと煮込んだトマトソースもたっぷりと付いてくるので、これまたよだれものの一品になっております(笑)。

20101020_23.jpg
んで『砂肝のグリル』。ココットのなかにわんさか!と入ってきます。これ、本当にひとり分の量なんでしょうか?ガーリックの味付けが決めて、ですね。ってガーリックがたっぷり効いていますので、食べた後にちちくりあう場合には、チョイスしないほうがいいかもしれません(笑)。ってちちくり合わない人で砂肝OKな人は選択すべし!ですはい。

20101020_24.jpg
残りの一品は『エビのフリット』です。ぷりぷりの小ぶりなエビが3匹、ころんと乗っています。で、ですね、これにつけるソース、練乳ベースの甘いソースなんですけど、これがフリットととってもよく合うんです!美味しさ倍増!ですね。

20101020_25.jpg
ちなみにこちら、bottaraさんチョイスの3品で、奥から時計回りに『れんこんのキンピラ』、『マグロのカルパッチョ』、『イタリア産生サラミ』です。これまた美味しそうでしたよ~。

いや~、どれも大満足!やっぱり「GONZA」さんチョイスして、大正解!席が合いてたら迷わず突入すべし!です。

スポンサーサイト

テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

食_店_横浜 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/10/29(金) 23:58)

 「野毛通手形」で一杯 その3 @ 横浜すきずき(横浜市中区花咲町)
外出していて、帰りが遅かったので、更新は明日にしようと思ったんですけど、えろえろさんから「はよせぇ!」って言われるので、頑張って更新しました…。眠いよ~。


さて、「野毛通手形」の3件目です。

八十八」さんを出て向かったのは…「横浜すきずき」というお店で。すいません、こちらだけお店の写真、撮り忘れです(汗。

「横浜すきずき」さんは2階にあるので、見落とさないように!ってちゃんと看板でていますので、大丈夫だと思いますが…。

結構座席数あるようなので、グループで利用されても問題ないかと。

「横浜すきずき」さんも手形1枚店、ですね。って1枚店ばかり利用しておりますが(汗。

こちらも飲み物、いろいろとチョイス可能です。

20101020_14.jpg
私は米焼酎をロックで。『大地の穣(みのり)』という銘柄で、福岡の米焼酎とのこと。通常料金だと400円。かなりたっぶり入ってます。野毛通手形だからと言って、けちっていせん。って今回利用したどのお店も、そんなこすっ辛いことする店、ありませんでしたが。

20101020_15.jpg
えろえろさんは、一番へべれけ状態なので、軟弱にもサワーに逃げてました(汗。

20101020_16.jpg
bottaraさん(あ、以前NKNさんと言ってましたが、bottaraさんに改名します…)は、「珍しいから」ということで、黒マッコリを。

こんな感じでいろいろ飲み物、チョイスできるお店が多いです。

20101020_17.jpg
で、料理が一品付きます。この日のメニューは『太刀魚とそばの海苔巻き天ぷら』、ですね。ってネーミングは勝手にしていますが(汗。

これ、飲み物と込みで600円分って、かなりお得じゃない?

まず太刀魚と蕎麦をのり巻きにしている時点で、手間がかかってますよね。んで量もおもったよりたっぷり。天つゆだって惜しげもなく入っているし。400~500円ぐらいしてもおかしくない内容です。

今回利用した手形1枚店の料理の中では一番、でしたね。量も味も申し分なく。野毛通手形利用していくなら、必ずこのお店はチョイスすべきでしょう。

んで、実はこのお店でちょっと他のお客さんとトラブルがあったのですが(すいません、詳細に関しては勘弁してください…)、お店の方に大変お世話になってしまい(汗。ご迷惑おかけして申し訳ありませんでした…。店員さんの機転により、これ以上の揉め事にならずに済みました。

そんなこんなも含めまして、「横浜すきずき」さん、お勧めします!

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

食_店_横浜 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/10/28(木) 23:34)

 「野毛通手形」で一杯 その2 @ 八十八(横浜市中区野毛町)
2軒目でへべれけ(汗。


野毛通手形」の2軒目です。

20101020_07.jpg
叶屋」さんを出まして、向かったのは「八十八(はちじゅうはち)」といお店で。

なぜこのような店名なのか、気になっていたのですが、すいません、お聞きするのを忘れてしまいました…(汗。

店舗は、野毛としては標準サイズなのですが、テーブル席3つに、カウンター席、というこじんまりとした作りになっております。18:30頃に行ったのですが、私たちが最初のお客さんでした。

この日は、お店の方はご主人1人だけでした。「こちらのお店は初めてですか?野毛通手形も初めて?」と愛想よくいろいろと教えてくださいました。

あ、ちなみに「八十八」さんは手形1枚店、ですね。

「3人なら、ビール1本、竹酒(2合)を1つ、という組み合わせでお出してきますよ!」ということなので、この組み合わせでお願いしました。

20101020_08.jpg

20101020_09.jpg
まずはビール。『KIRIN_秋味』の小瓶、でしたね。わざわざ3人分の小グラスを出してくれます。こーゆー気配りは嬉しいですねぇ。

20101020_10.jpg
んで、こちらが『竹酒(2合)』です。通常料金が890円なので、結構お得。竹の香りが日本酒に軽くしみ出ており、飲みやすいですねぇ。ってこれ本当に2合ですか?なんか3合ぐらい、ありそうでしたが…。なので、2軒目からすでにへべれけ気味になりましたが(汗。

20101020_11.jpg
徳利も竹製でした。

食べ物は小鉢が2つ。

20101020_12.jpg
最初に出たのは『マカロニサラダ』。昭和の味、ですね。

20101020_13.jpg
もう一品は『磯部揚げ』で。甘酢がかかっており、これが磯辺揚げとよく合います。ってかなり気に入りましたけど、これ。山盛りで頂きたい感じです。

ちなみに私、『磯辺揚げにはソース』なので、結構周りの人から気持ち悪がられるんですけど(汗。

もう少し、食べ物の量があるといいのですが、600円という価格を考慮すると、充分納得できるかと。磯部揚げが美味しかったので、手形ではなく、普通に来て、他の料理もいろいろと試してみたいなぁ…と思いましたはい。

で、まだまだ「野毛通手形」の店巡りは続くのであった…。

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

食_店_横浜 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/10/25(月) 23:42)

 「野毛通手形」で一杯 その1 @ 叶屋(横浜市中区花咲町)
スタート店としては正解!


ではここから「野毛通手形」で実際に回ったお店のご紹介を。

20101020_04.jpg
まず1件目は、駅から近目で野毛に付いたらすぐ入れるところ、ということで、チョイスしたのがこちら、「叶屋」さんです。

野毛の中では結構大きめの居酒屋さん、ですね。今回利用した中では、一番店舗規模が大きいところかなぁ?テーブルのサイズも大きめで、こちらが一番ゆったりと座ることができました。

手形は1枚、ですね。手形を見せると、まず飲み物を聞かれます。ビール、日本酒、焼酎などなど、いろいろとチョイス出来るようでしたが(すいません、メニュー撮影する前に持って行かれてしまったんので(汗、詳しく覚えていないです…)、最初なのでビールを注文。

20101020_05.jpg
で、すぐに出てきたのがこちらです。若干大きめのグラスサイズ、というところでしょうか?せめて小ジョッキぐらいは欲しかったなぁ…というのが本音ではありますが(汗。

でも銘柄がプレミアム・モルツなので、苦さ&重さが私の好みなので、美味しく頂けましたが。

で、こちらのお店では小鉢が1つ付きます。

20101020_06.jpg
今回はこれです。ホタテと玉ねぎのマヨネーズ和えです。ってお店の人に説明していただかなかったので、自分で勝手に名づけておりますが。

これ旨い!写真では分からないのですが、ホタテがびっしり入っております。んで玉ねぎも玉ねぎ独特の辛さや臭いが感じられず、甘さがうまく出ており、出だしの一品としては大正解であります。

実際、「もうちょっと欲しいかな?」ぐらいに感じる量だったので、物足りない方もいらっしゃる方もいるかもしれません。でもまずは出だしとして「ちゃんとしたお店で、ちゃんとした料理」を頂いた方が、野毛の実力を知る上ではいいのかも。

ということで、「野毛通手形」のスタートを切るにはいい選択だったと感じております、「叶屋」さんは。

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

食_店_横浜 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/10/24(日) 21:41)

 「野毛通手形」は野毛地区インフォメーションセンターで平日に買うとお得!&5冊以上買うともっとお得!
得した!


えーと、本ブログでたびたび登場しておりますえろえろさんから「野毛通手形ってのがあるので、それで飲みに行かない?」というお誘いがあり、もちろん二つ返事で「いいですよ!」と。と言うことで、野毛で飲み会になりました。

「野毛通手形」とはなにかと申しますと、まあ野毛のいろんなお店を飲み歩いて知っていただこう!という素敵な企画(笑)、ですね。あ、ちなみに「のげとおりてがた」ではなく、「のげつうてがた」と読むそうです。

・3600円でガイドマップ「野毛通手形」を購入。
・このガイドマップに6枚の手形(金券)がついている。
・上記手形は、ガイドマップに明記された参加店で使用可能。
・必要な手形の枚数はお店によって異なり、1枚店、2枚店、3枚店がある。
・飲み歩きメインなので、1店舗あたり30分程度の時間制限あり。
という感じです。

って、詳しくはこちらのWebSiteを参照して頂いたほうが早いんですけど(汗。

昨年までは「野毛飲兵衛ラリー」とか「野毛手形ラリー」と表してやっていたのと同じですね。っていうか、毎年、企画名をころころ変えるのは戦略としてどーなんだろうか?と思いますけど(汗。

今回は2010/9/13から開始しており、2011/2/28まで開催しているようです。

で、各参加店でも購入できるのですが、早めに桜木町駅に付いたので、桜木町駅に隣接されております「野毛地区インフォメーションセンター」でも購入できるそうなので、こちらで購入。

20101020_01.jpg
こちらがそのガイドマップ「野毛通手形」、ですね。結構しっかりした作りで、参加店の紹介もそこそこ詳しく載っていますので、かなり真面目に取り組んでいるんだなぁ、というのがうかがえます。

20101020_02.jpg
手形自体はこんな感じで。ミシン目が入っていますが、事前に切らないで下さいねぇ~。必ず店員さんの目の前で切り取ること!

んで、購入時におじさんがカレンダーをじっと見ているので、どうしたんだろう?と。すると「1冊3500円!」と。はて?なぜゆえ?

って実は、月曜日~木曜日に購入すると、100円引きの3500円で購入出来るようです。やった~、ラッキー!ちなみにこの特典、「野毛地区インフォメーションセンター」だけなのか、参加店もそうなのかは分からずじまいでしたが…。多分前者じゃないかなぁ?

20101020_03.jpg
他にはこのように明記してある広告、見かけなかったので…。

ということで、月曜日~木曜日であれば、「野毛地区インフォメーションセンター」で購入すべき!ですね。

さらに耳寄りな情報が!5冊以上まとめて購入すると、もっと値引きがあるとのこと。

実際に5冊も購入していないので、いくらになるかは不明なのですが…(汗。誰か、確かめてみて下さい~。ってこれまた、「野毛地区インフォメーションセンター」のみの特典かもしれないので要注意。

って一つだけ難点が。「野毛地区インフォメーションセンター」は18:00までなので、結構急いで桜木町まで来る必要があるので、要注意!まあ桜木町周辺で働いている方は、昼休みとかに購入しておくといいと思いますよ~。

で、実際に行ったお店に関しては、おいおいUPしますのでぇ~。

あ、それと参加店に関して、「横浜野毛ラリー完全踏破、ご紹介」というWebsiteがとても参考になりますので、ぜひ見てくださいねぇ~。かなり充実した内容になっていますので!なお、昨年までの情報なので、今年から参加したお店は載ってないので、その点は我慢しましょう。

2011/11/16追記:な、なんと、2011/10で、「野毛地区インフォメーションセンター」は閉店してしまったそうです…。残念。もともと期間限定で、延期していたみたいなので、まーしょうがないかなぁ…。
でも皆さん、野毛のお店はどんどん利用しましょう!どんどん。

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

食_店_横浜 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2010/10/22(金) 22:22)

 『メロンパンの真実 @ 東嶋和子』の私のメロンパン・セレクション20
でもやっぱり、我が家のメロンパンが世界一かな?


えーと、以前「メロンパン、そんなに好きじゃないけど、我が家のは世界一美味しいと思う」っていうネタ、書きました。

ちなみにその時は『ココアメロンパン』でしたが…。

20100319_01.jpg

20100319_02.jpg
こちらが正真正銘の『メロンパン』、ですね。ちなみに春先の作品です。

夏場は暑すぎて、クッキー生地がべとついてしまい、作れないということで、ここ半年ぐらい食べてないあるよ(汗。まあそろそろ涼しくなってきたので、作ってもらえそうですが(笑)。

んで最近、メロンパンと言えば、メロンパン中心として、日本のパンの歴史に関していろいろ書かれた本を見つけたのでちょっとご紹介。って発刊はハードカバーとしては2004年、文庫本としては2007年なので、全然最近の本ではないのですが(汗。

東嶋和子さんの『メロンパンの真実』という本。あ、すいません、写真は省略で(汗。

裏表紙には「昭和6年、実用新案登録番号154057。これがメロンパンのルーツだ。しかし大正時代中期にはメロンパンは日本に出現しているという!広島人のメキシコみやげ、ドイツ人捕虜の手になる(誤植?「手による」かな?)ドイツ菓子、日本人の奇妙な発明。さまざまな発祥説を追って、日本中を飛び回り、果ては日本のパンの起源に迫る。」と書かれております。

って結局、メロンパンの発祥に関しては諸説あって、どれも決定的証拠がない…というのが結論のようです(汗。

また関西や広島でメロンパンのことをサンライズと呼ぶので、これに関しても書かれているのですが、これまた詳しい事情は分からずじまいで(汗。まあはっきりしなくてもいいのかもしれませんが。

んで、巻末に著者がメロンパンのベストセレクションとして20軒のパン屋さんをリストアップされているので、これをメモ書きとして。ちなみに初版時の2004年版、文庫化に当たって更新された2007年度版の2種類あります。なお、横浜のお店が思ったよりも多いのは、本書の編集者の方が横浜出身だから、みたいですけど(汗。


■私のメロンパン・セレクション20(2004年版)
・1位「MON」(広島県広島市)のサンライズ

・2位 「メロンパン」(広島県呉市)のメロンパン

・3位 「メロン館」(神奈川県逗子市)の特製メロンパン

・4位 「新宿高野」(新宿区新宿)のクリーミーメロンパン

・5位 「ペック」(日本橋高島屋店)のパーネ・メローネ

・6位 「ホテル西洋銀座」(中央区銀座)のメロンパン

・7位 「ポンパドウル」(横浜市中区)のプリンスメロンパン

・8位 「ベーカリー白川」(京都市左京区)のサンライズ

・9位 「ジョアン」(三越銀座店、三越札幌店など)の夕張メロンパンスペシャル

・10位 「ドンク」(神戸市中央区)のスペシャルメロンパン

・11位 「ピストリーナ」(松屋銀座店)のこだわりメロンパン

・12位 「ルノートル」(池袋西武本店)のメロンパン

・13位 「木村屋總本店銀座本店」(中央区銀座)の銀座メロンパン

・14位 「神戸屋」(JR東京駅構内)のマスクメロンパン、こだわりメロンパン

・15位 「ポール・ボキューズ」(大阪大丸百貨店)のこだわりメロンパン

・16位 「フォション」(松屋銀座店)のパン・オ・シトロン

・17位 「フーケ」(横浜市中区)のクレーム・ド・メロン

・18位 「ウチキパン」(横浜市中区)のメロンパン

・19位 「クイーンズシェフ」(新宿伊勢丹百貨店)のメロンパン

・20位 「ペルティエ」(渋谷区神宮前)のメロンパン


■私のメロンパン・セレクション20(2007年版)
・1位「MON」(広島県広島市)のサンライズ(→)

・2位 「メロンパン」(広島県呉市)のメロンパン(→)

・3位 「ペック」(日本橋高島屋店)のパーネ・メローネ(↑)

・4位 「ホテル西洋銀座」(中央区銀座)のメロンパン(↑)

・5位 「ベーカリー白川」(京都市左京区)のサンライズ(↑)

・6位 「聖庵」(大阪市北区)のメロンパン(初)

・7位 「PAUL」(千代田区丸の内)のタルト・シュクレ(初)

・8位 「ペルティエ」(港区赤坂)のメロンパン(↑?)

・9位 「ホテルオークラ東京」(港区虎ノ門)のメロンパン(初)

・10位 「フーケ」(横浜市中区)のクレーム・ド・メロン(↑)

・11位 「横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ」(横浜市西区)のメロンパン(初)

・12位 「玉出 木村屋2」(大阪市西成区)の浪花メロンパン(初)

・13位 「木村屋總本店銀座本店」(中央区銀座)の銀座メロンパン(→)

・14位 「ポール・ボキューズ」(大阪大丸百貨店)のこだわりメロンパン(↑)

・15位 「ポンパドウル」(横浜市中区)のプリンスメロンパン(↓)

・16位 「神戸屋」(JR東京駅構内)のバニラメロンパン(↓?)

・17位 「新宿高野」(新宿区新宿)のマスクメロンパン(↓?)

・18位 「ジョアン」(三越銀座店、三越札幌店など)の夕張メロンパンスペシャル(↓)

・19位 「ルノートル」(池袋西武本店)のメロンパン(↓)

・20位 「馬車道十番館」(横浜市中区)のメロンパン(初)


ということで、これらのパン、近くに行った際には購入し、我が家の『世界一おいしい(と私が思う)メロンパン』と比べてみたいと思います(笑)。



↑メロンパン以外にも、アンパン、カレーパンはじめ、日本における様々なパンの歴史に関して書かれてあったり、いろいろなパン屋さんも紹介されているので、結構お薦めの本ですよ~。

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

食_パン_その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/10/19(火) 23:07)

 球界の野良犬 @ 愛甲猛
えーと、横浜に住んでいると、甲子園優勝の記憶から「松坂世代」と「愛甲世代」にわかれると思いますが、私、バリバリ(死語)の「愛甲世代」であります。って「バリバリ」とか言っている時点ですでに「愛甲世代」ってバレてしまいますが(汗。


以前お話したことがありますが、私は小さい頃、竹中直人の生まれ故郷であります、金沢区の富岡というところに住んでおりました。

最寄り駅は京急富岡で(ちなみに昔は京浜富岡)、隣駅の能見台(ちなみにこちらも昔は谷津坂)には、野球で有名な横浜高校がありました。って地元民からは「ヨタ校」と呼ばれておりました(汗。

そんなヨタ校こと横浜高校が、愛甲猛という投手の活躍で夏の甲子園で優勝したのが、1980年。決勝の早稲田実業戦では、愛甲猛VS荒木大輔という2大エースの対決となり、メディア的にも大騒ぎだったのを記憶されている方も多いのではないかと(ちなみに決勝戦では両エースとも調子がいまいちで、投手戦ではありませんでしたが…)。

優勝した後のヨタ校凱旋で、学校周辺はえらい盛り上がりで、人がわんさかと来ていたのを覚えております。

で、愛甲猛氏は、その年のドラフトで、ロッテに1位指名され入団。ロッテは意中の球団ではなかったので、ものすごーく嫌そうな顔をしていましたが(汗。

投手としては目が出ませんでしたが、野手に転向し、ロッテの主力として活躍。しかし、広岡GMが来てからは調子を落とし、中日に無償トレード。中日時代では代打メインで活躍。

2000年に引退。引退後は失踪事件などをおこしておりました(汗。

って私が書くまでもなく、Wikipediaに詳しく載っていますので、詳細はそちらを参照してください。(汗。

そんなこんなで愛甲猛氏のことは結構気になっていたのですが、いつのまにやら本をだしていたらしく(汗。全然気がつかなかった…。実際に読んだ方から「面白いから読んだほうがいいよ!」と言われ、やっと読みました。

20101012_01.jpg
それがこちら『球界の野良犬』、ですね。

インパクト大のタイトルに負けず劣らず、本文の方もインパクト大、です(笑)。いやぁ~、こんなこと書いていいの?というのが満載で(汗。

中日移籍以降の話は引退の影がちらほら、引退後もあまりいい人生ではないようで(汗、トーンダウンしてしまいますが、ロッテ時代までのお話はほんと、「愛甲世代での横浜のヤンキー学校」や「80年代~90年代のプロ野球」を知っている方であれば、楽しんでいただけるのではないでしょうか?

ということで、ちょろと本文から楽しい箇所を抽出。

------
 アマチュア時代から遊びを野球の肥やしにしてきた。「汗と涙の甲子園」、その裏でやっていたのはタバコ、麻雀、女、バイク、シンナー。決して褒められた遊びではないし、シンナーなどはもってのほかだ。しかし、悪さといえど、思い切ってやったからこそ、プロ野球選手としてそこそこの実績が残せた気がする。

------
 父・勇夫と母・ユキエはお互いに再婚だった。父は前の妻、母は前の夫と死に別れた同士で、創価学会信者という縁で結婚に至った。そんな二人の間に生まれたのが俺だった。

------
 雨で練習ができなくなると、不良仲間と1000点30円の麻雀が始まる。ヤツらとはプロに入ってからも時々麻雀したが、数年経つと、俺以外の3人はタバコが覚せい剤に変わっていた。

------
渡辺監督は、素質のある中学生を見つけると「県立横浜高校」と偽ってスカウトしていたという。今でこそ優秀な進学校である横浜高校も、当時は横浜界隈で"ヨタ校"と呼ばれていたほど、ワルが集まる高校だった。文武両道の学校を作るつもりが文がなく武ばかり。

------
 そういえばこのころ、横浜スタジアムで巨人軍のトレーナーに診てもらったとき、監督だった長嶋茂雄さんと初めて会った。
 「愛甲君、良く来たね、野球はどう、おもしろい?」
 こんな言葉をかけると同時に、長嶋さんは大きな屁を放った。

------
 体育の授業中、体育館にある体育教官室に呼ばれると、やはり色紙が100枚ほど積まれていた。傍らにはみかんやお茶などが用意されていた。
 「愛甲、今日は授業に出なくていいからよ、サイン頼むよ。ほれ、みかんでも食べろ。なんだったらタバコも吸うか?」

------
 タバコ以外はすべて久々。1年間の禁欲生活を得た欲望生活である。ガキの悪さが大人の遊びに変わった。飲めや食えや、連日の宴で、甲子園から戻った時の4キロ減はアッという間にリバウンド。
 俺でこの有様。松坂大輔のときはもっとすごかっただろう。

------
 ちなみに同級生にはアテネオリンピックで銀メダルをとったアーチェリーの山本博がいた。今でこそ大学の先生だが、その頃といえば…。対して変わらないレベルだった、と言っておこう。

------
 それからというもの、オフクロの活動はますます熱を帯びていった。近所でも一、ニを争う熱心さに加え、いきなり懐に余裕ができたこともあり、学会内での立場も上がって行った。

------
 周囲の人は口々に、「お母さんの熱心な信心のお陰だよ」とか「(準決勝の)天理戦では全国の学会員が応援していたんだよ。あそこに負けてなるものか、と。僕らのお題目のお陰で君は勝てたんだ」などと言っていた。
 それから数年、正月になると池田先生とお会いしていた。婦人部、芸能部とともに、スポーツ関係者の顔が多く見られる席上で、「愛甲君、お母さんは元気かい」と毎年声をかけられたものだ。

------
 余談だが、オチさんの女性の好みは"玄人"だった。
 川崎球場はソープ街・堀之内の近くにあった。試合が終わると直行するナインもいたが、オチさんも例外ではなかった。

------
 あの時代の西武ライオンズといえば、東尾さん、秋山幸二、渡辺久信、工藤公康など遊び人が勢揃いしていた。無冠の帝王と呼ばれたキヨも遊びに関しては完全無欠のホームラン王である。


てな感じです(笑)。

興味ある方は、ぜひ読んでみてくださいねぇ~。


↑「なぜ話題にならないのでしょうか?黙殺ですよね。ちゃんと紹介したらいいのに。」というレビューあるのですが、正しくそのとおり。雑誌や新聞でまったく取り上げてくれないから全然気がつかないんですよねぇ…。まあ内容が内容なだけに(汗、難しいのかもしれませんが…。


ちなみに、「おわりに」で、「横浜では自分のことを「テメエ」と言う。」って書いてあるんですけど、う~ん、富岡では、相手に対して「てめえ、コノヤロー!」とか言うことはありましたけど、自分自身にはあまり使わないような…。どっかの他の(横浜の)地域ではこー使うんでしょうか?

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

横浜情報 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:8
(2010/10/14(木) 23:33)

 盛り合せ弁当 @ 勝烈庵フーズ 高島屋横浜店(横浜市西区南幸)
ビジュアル的には少ししょぼ~んですが(汗。


「バール・デル・ソーレ 横浜ジョイナス店」の後でマックに行って(汗、情報処理試験のお勉強の続きを。

お勉強、一応、頑張りましたが、う~ん、結構危ない状態です(汗。「テクニカルエンジニア(ネットワーク)」(以下NW)というのを受けるのですが、なんかねぇ、今までいろいろ受けた数々の情報処理試験の中で、過去問題が一番通用しないのがNWなんですよねぇ(汗。

常に新しいネットワーク技術が出てくるので、過去問読んでも役に立たん!という問題が結構あるのです(汗。

実際に仕事でネットワーク系のソフト開発されている方であれば、「NWなんて鼻くそじゃん!」というレベルなんでしょうけど、全く関係ない仕事内容である私には、結構厳しいものがあります…。

って、NW受ける前から、落ちた時の言い訳をしているわけですが(汗。

で、妻の待ち合わ時間となったので、移動。ヨドバシカメラの横浜店で、娘用の誕生日プレゼントとして、腕時計を探したのですが、う~ん、いいのがありません…。結局家に帰ってからAmazonで探して注文しましたが(汗。

で、家に帰ってからまたすぐ出かける予定があったので、お昼をなにか買って帰ることに。

横浜でお弁当探すなら、一番効率がいいと思われる横浜高島屋の地下食をうろうろしてみました。

20101008_03.jpg
で、購入しましたのがこちら、横浜を代表するとんかつ屋さん「勝烈庵」の『盛り合せ弁当』で。1個683円ですね。実際は端数切り下げて頂いているのか、682円でしたが(笑)。

って「わざわざ横浜高島屋行っているのに、横浜の至る所で売ってる勝烈庵かよ!」という声が聞こえてきそうですが、ごめんなさい、見たら久しぶりに食べたくなったので…(汗。

写真だけみると、ちょっと色合いが悪く(汗、しょぼーん感が漂っているのですが、こちらのお弁当の実力をご存知の方であれば、そんなことは気にしないんじゃないかと(笑)。

20101008_04.jpg
メインの揚げ物は串かつ、ヒレ一口カツ、若鳥唐揚げ、イカフライと4種類入っております。ラードで揚げてあるので、やっぱり甘みがまして美味しい。700円以下でこれだけいろいろ頂けるのであれば、コストパフォーマンス、よろしです。

で、写真取るの忘れちゃったのですが(汗、勝烈庵の売りであります自家製ソースがたっぷりと付いてくるので、これがじつにポイント高いんです。通常の1.5倍ぐらいは入っているんじゃないかと。

よく、トンカツ弁当についてくるソースって、1回かけるとなっくなっちゃうぐらいの量しか入ってないんですけど、勝烈庵のはそんなこと、ないですから!どっぷりとかけて頂いて下さいねぇ!

ちなみに飲食店(レストラン)として運営しているのが「勝烈庵」(馬車道総本店、ザ・ダイヤモンド店、相鉄ジョイナス店、鎌倉店の4店のみ)、お弁当やお惣菜のお持ち帰りメインとして運営しているのが「勝烈庵フーズ」らしくて、こちらは「勝烈庵フーズ」の高島屋横浜店、ということらしいです。

「勝烈庵フーズ」、公式WebSiteにて店舗案内お弁当メニューお惣菜メニューなどがシンプルながらもお客様が必要と思われる情報が載っていますので、好感が持てますねぇ。

WebSiteなんて、ごてごて作る必要なく、本当に必要な情報を載せればいいだけなので、飲食店のWebSiteを作っている方々、ここのを参考にして下さいねぇ。

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

食_お持ち帰り_横浜 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/10/10(日) 06:55)

 ラッテマッキャート @ バール・デル・ソーレ 横浜ジョイナス店
「やるき茶屋」ですか?(汗


この日は朝早く桜木町に行ったあとで、横浜で我妻と合流する予定でした。んで2時間半、時間を潰す必要があります(汗。

でも秋の情報試験の勉強、さっぱりしていなかったので(汗、これ幸いということで、どっかお茶をしながら勉強することに。

で、家をでる前に「横浜 カフェ 朝」で検索したら、食べログに行き当たり、評価の高い「バール・デル・ソーレ 横浜ジョイナス店」を利用してみることに。

夕方まではカフェ、夜はバールとして営業しているようです。

20101008_01.jpg
店内はこんな感じ。私が座ったのは禁煙コーナー(店内入って右側)で、喫煙コーナー(店内入って左側)側に向かって撮影した写真です。喫煙なさっている方がいましたが、煙は流れてこなかったので、分煙はちゃんとされているようです。って喫煙者がもっといっぱいいたらどーなるかは不明ですが(汗。

20101008_02.jpg
注文したのがこちら、『ラッテマッキャート』ですね。300円です。モーニングだと若干安くなっているのかな?

って公式WebSite、メニューが充実してないですねぇ…。またテーブルにメニューがなかったので他のメニュー詳細は不明です(汗。

で、飲んでみますと…。美味しいんですけど、もっとコーヒーの苦味&重さが感じられる方がいいかなぁ…。味の好みからすると、馬車道のvis viva(ビス ビバ)の方がいいですね。個人的感想ですが。

でだ。

※ここからが本番ですが、批判的なことが書いてあるので、そーゆーの読みたくない方は読まない方がよろしいかと…。
[ラッテマッキャート @ バール・デル・ソーレ 横浜ジョイナス店]の続きを読む

テーマ:cafe - ジャンル:グルメ

食_店_横浜 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2010/10/09(土) 00:35)

 CEATEC JAPAN 2010で見つけたもの @ 幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)
当日ネタで更新するのはいつ以来だろう…(汗。


えーと、一応理系の会社に勤めておりますので、行ってきました、CEATEC JAPAN 2010に。で、明日以降行かれる方の参考になるかと思い、速攻でUPしますね。って当日のブログネタ更新は本当に久しぶり…。

20101006_01.jpg
ますはこちら、『THE WALL STREET JOURNAL』、ですね。

なぜか「ダウ平均株価」で有名なダウ・ジョーンズ・ジャパンのブースがありまして、そこで最新号を配っておりました。

で、こちら、無料です。遠慮無く、頂きました。ってまだ読んでないんですけど…(汗。

20101006_02.jpg
次に『札幌カリーせんべい カリカリまだある?』です。

札幌広域圏組合のブースで見つけました。

『じゃがポックル』も展示してありましたが、「こっちの方が最近でた商品で、今いちおしです!」とのこと。

試食もあったので、味見をしてみましたが、しっかりとした歯ごたえで、大人向けの辛さかつスパイシーな味付けで。子どもよりも大人が喜ぶのではないでしょうか?

20101006_03.jpg
続いて『函館がごめ昆布キャラメル』と『函館がごめ昆布 とろ味』です。

こちらは函館市のブースで、なんと無料配布しておりました。ぜひゲットしましょう(笑)。

キャラメルのほうしか頂いてませんが、最初口にふくむとほのかに昆布の味がして(笑)、「あれ、ちょっと失敗したかな?」と思うのですが(汗、後からじわじわと美味しくなってきます(笑)。

20101006_04.jpg
最後に『ヨコスカネイビーバーガーマップ』と『よこすか海軍カレーガイドマップ』で。

こちらはもちろん、名前のとおり横須賀市のブースで発見。

それぞれ、『ヨコスカネイビーバーガー』と『よこすか海軍カレー』のショップ紹介、そのお店の地図などが掲載されているので、横須賀B級グルメツアーにはマストアイテムではないかと。

※時間があれば、そのうち掲載店をUP予定です。

これ以外にも、いろいろと地域ブースが出展していますので、こまめにチェックしてみてくださいねぇ~!


って、あれ?CEATEC JAPANネタではないような(汗。

って、東芝の『グラスレス3Dレグザ(裸眼3Dテレビ)』とか、docomoの『Mobile AR技術 Ver.2』とか、KDDIの『IS03』とか、人気があるのは並ばないとだめなんだもん!そんなの面倒くさくてややよ!

あ、『IS03』はシャープブースにも展示してあり、こちらの方が列が短いかも。

でもねぇ、コンシュマー(民生品)向けのスペースよりも、部品やシステムなどのスペースの方が広いので(約2倍?)、一般人にはそれほど見るべきところ、多く無いかも(汗。まーコンシュマー向けブースは、どこも「3Dテレビ」と「スマートフォン」ばかりですから!

ちなみに先程の地域ブースは、工場誘致のために出展しています。んでついでに観光案内のパンフレットや地域商品をおいてある模様。なので、こちらのチェックの方が中心になってしまいました(汗。

あとコンパニオンのおねーさんは結構人数多いので、おねーさん目当てに行かれる方はいいかもしれません。ゲーム関係や車関係の展示会よりもカメラ小僧(っていうかカメラおやじ?)は少ないので、おねーさんの撮影は楽かもしれません(汗。

あと、中国・台湾・韓国企業のブースも多いのですが、説明員同士で話し込んでいたり、ブース内で説明員が飲食していたり、ゆる~い空気が流れているので、アジアを感じられて、私は好きでしたけど(笑)。

なにはともあれ、2010/10/09(土)までですから、興味のある方はぜひ。あ、午前中のほうが確実に空いていますから!

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

食_お持ち帰り_その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/10/06(水) 23:23)

copyright © 2005 teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。