teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~
   横浜(の外れ?)の飲食店や自炊ネタを中心に食ネタをいろいろと。 ってグルメじゃないので単なる備忘録なんですけど(汗。最近はランニング&マラソンネタが多いかなぁ…。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

teru

  • Author:teru
  • 横浜(の外れ?)や自炊ネタを中心に食ネタをいろいろと。 ってグルメじゃないので単なる備忘録なんですけど(汗。基本、しょぼいブログです(汗。

    「ヨコハマ買い出し紀行」は読んだこと、ないんです(汗。 「我妻」って書いてますけどマックユーザーじゃありません(汗。

    トラックバックやコメントは遠慮なくどうぞ!(我妻に「コメント、少ないよねぇ・・・」って言われているので(涙)
    ※ただし、宣伝のためにまったく関係ないネタにTB張るのはやめてくださいね~。勝手に削除しますから。
    あとアフィリエイトのためだけの場合も・・・。

    本ブログは私の「主観」で書いてますので「絶対」ではありません。もし本blogのエントリーで不利益を生じる方がいましたら削除しますので、以下のメールフォーム経由で連絡願います。

    上記以外にも、何か連絡事項があれば、同じくメールフォーム経由で。

    ツイッターのアカウントは以下の通り。
    http://twitter.com/yokohamateru

    別ブログで「ほんからり ~本からいろいろリンク~」って言うの、やってます。本の参考文献や掲載店のリンク集がメインです。ってこちらもしょぼいブログですが…(汗。

    2013/1/1より「横浜ランニング日記」を始めました。こちらもよろしく~。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア


Powered By 画RSS

「teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~」をBlogPeopleに登録 by BlogPeople

"teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~"をRSSリーダーに登録できます。
以下のアイコンをクリックしてください。
RSS

Googleに追加
My Yahoo!に追加
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 コーヒープレス(フレンチプレス)「コア」 @ RIVERS(リバーズ)
今のところ、このサイズでOK。


ネタ枯れしているので、旧SDカードで眠っていたネタから、第4段です。


我が家は、朝食はパン食でありまして、飲み物はコーヒーを頂いております。

んで、豆を引いて、紙フィルターを使ってドリップして作っていたのですが、紙フィルターが切れちゃうと飲めないし、ゴミもでるし…、ということで、フレンチプレスにしようかと。

でも、デザイン&サイズ的にごついものが多く、我妻のOKが出るような品がなく、なかなか購入につながりませんでした。

そしたら、いつの間にか、コンパクトでかつデザインもよし、さらに価格も手頃(これ、重要!)、というものが発売されており、昨年末に購入しておりました。って狙っていた商品が、たまたま横浜の高島屋で発見したので即購入!というのが事実ですが。

購入後、数ヶ月経過していますが、使い勝手もよく、かつ、コーヒーも以前より美味しくなった!のでご紹介。って実は一度、ビーカーを割ってしまったのですが…。ちなみに、横浜高島屋さんでパーツを取り寄せることができたので一安心。

で、購入したフレンチプレスは「RIVERS(リバーズ)」さんというメーカーの『コーヒープレス「コア」』、ですね。2730円の定価販売だったかなぁ?

ちなみに『コーヒープレス「フィン」』というのもあるのですが、違いはホルダー部の形状。「コア」は穴あきタイプ、「フィン」は縦筋タイプ、ですね。

「コア」と「フィン」、色は合わせて6色ほどあるのですが、無難に黒をチョイス。黒だと「コア」になります。後の色はちょっと我が家には合わないかなぁ~。

こちらのフレンチプレスは2人分用ですね。我娘はまだお子様だからコーヒー飲まないので(牛乳飲んでます)、今のところこのサイズでOK。って高校生ぐらいになったら飲むのかなぁ…。その時は買い替えが必要ですが。

20130103_04.jpg
パーツはこんな感じで3つに分かれていまして。あ、それにコーヒー用の計量スプーンも付いております。

20130103_05.jpg
で、取手のついたホルダーとビーカーを組み合わせたのち、コーヒーを入れ、熱湯を注ぎます。ちなみにビーカーに目盛りがついていますので、どれぐらい入れたかの目安になるので便利。って毎回2人分作るので、フル入れてますけど。MAXで320mlです。なので、小さめのコーヒーカップであればいいんですけど、大きいマグカップだと2人分は厳しいかなぁ?

で、スプーンorはしでぐるぐるかき回します。

20130103_06.jpg
そして、プランジャー(軸)と一体になったフタを乗っけて4分ほど待ちます。

20130103_07.jpg
4分後、キッチンタイマーがじりりりり~ん!となったら、ブランジャーをぐーと押して、出来上がりです。

このフレンチプレスが優れているところは、ビーカーとホルダーの間に空間ができているので、直接触っても熱くないのです。なのでやけどの心配がありません(こぼしちゃったら別ですが)。

それと、ホルダーの底が空いているので、ビーカーを押して取り外すことができ、洗う箇所が少なくてすむ、というのもいいところで。

んで、肝心のコーヒーのお味ですが、予想通り、紙フィルターでドリップしたよりも、フレンチプレスのほうが濃くて力強い味がしますねぇ。

我が家だとこっちのほうが「コーヒー飲んだ!」という気がします。

もーこれは「買ってよかった!」という代物ですねぇ。フレンチプレス、店頭だとボダムとハリオ以外ってなかなかお目にかかれないんですけど、「RIVERS(リバーズ)」さんの見かけたら手にとって、検討してみてくださいねぇ~。


↑一応Amazonで「コア」と…


↑「フィン」は扱っていますが、販売元がAmazonではないので送料がかかっちゃうかなぁ…。


スポンサーサイト

テーマ:おうちカフェ - ジャンル:グルメ

食_グッズ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2013/02/20(水) 23:29)

 塩壷 @ 沼田塾(福岡県うきは市浮羽町)
間に合ってよかった。


「母の日」のお話。

ちょっと前に我娘が「ママ~、母の日はなにが欲しい?」と。

んで、「そーねー、熊本空港で見ていた雑誌に載っていた、あれお願いしようかな?」と。

まず、「熊本空港で見ていた雑誌」というのは、『九州の食卓』という季刊誌で。九州内の、どちらかと言うとナチュラル系の食に関するネタがいっぱい載った雑誌です。実は私、『ソトコト』初め、「ちょっと宗教入っている」系は苦手なのですが、この雑誌はそこまで宗教入っていないので、安心して読める雑誌、であります。

っていうか、東京以外の食に関しては、東京の出版社が出している食系雑誌を見るより、こーゆー感じの地元雑誌をメインに読んだほうがいろいろと情報が載っていていいですねぇ。って、暗に「『dancyu』なんて言う東京のネタばっかりの雑誌、ありがたがっている場合じゃないよ!」と言っているわけですが。

閑話休題。

んで、その『九州の食卓』に掲載してあったアレ、とは何かといいますと、「沼田塾」さん『塩壺』という商品です。

これ、なにかと申しますと、早い話、「塩の入れ物」、ですね。そのデザイン&機能性に我妻が惚れ込んで欲しがったわけであります。

で、母の日のプレゼントとして購入しようと考えたのですが、公式WebSite見ると「・品切れの場合は申し訳ありませんが、3ヶ月程お待ちいただく事があります。」との記載が。それと実際に本商品を取り扱っているショップのWebSiteを見ると、「在庫なし」と表記されてばかりで…。

「あ~、これは三ヶ月待ちかなぁ…。母の日には間に合わないや…」と。でも問い合わせるだけ問い合わせてみようと考え、メール送信したところ…。なんと、欲しい商品(サイズSの黒)に関しては、ちょうど在庫がある、とのことで、購入できました!なんとか間に合ったあるよ~。ということで、欲しい方、まずは公式WebSiteに記載されているメールアドレス経由で問い合わせされたほうがよろしいかと~。

20120510_01.jpg
んで、こちらが「沼田塾」さんの『塩壺(Sサイズ、黒)』であります。お値段4800円、送料850円と、結構いいお値段します。まープレゼントなので、これぐらい出しますよ!我娘も出してくれましたし~。

20120510_02.jpg
直径11cなんですが、実物をみると想像していたよりも小ぶりで。ちょうど指が3~4本入るぐらいの大きさかな?調理用としてキッチンに置いておくにはいいサイズかも。

20120510_03.jpg
こんな『塩壺』を解説した紙も入ってきますので、よく読みましょう。

20120510_04.jpg
おまけとして、このような素敵な絵葉書も2枚、ついてきました。

20120510_05.jpg
実際に塩をいれてみるとこんな感じ。

で、我妻の使った感想は?と申しますと…「これ、すっごくいい!いっつも塩がしっとりして固まってしまい、使いづらかったんだけど、これに入れておくと余計な水分吸い取ってくれてちょうどいいぐらい!何よりもデザインが素敵!」とのことであります~。

喜んで頂けて、なによりです~。

送料加えると5000円オーバーなので、気軽に購入できる品ではないのですが、料理好きな方へのプレゼントとして送ると喜ばれるかと!


テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

食_グッズ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/14(月) 23:29)

 無水鍋 20cm @ 生活春秋(広島県広島市安佐南区)
我慢出来なかったらしい…。


ちょっと前に「生活春秋」さんの『無水鍋 24cm』を紹介しました。

で、その際に我妻、24cmと20cm、どちらにするか悩みに悩み、結局「大は小を兼ねる!」ということで、24cmのを購入しました。

んで、いろいろと調理していると…「やっぱり20cmも欲しい!Amazonで安売りしているから買って!」とのこと。あまりの使いやすさに、我慢出来なかったらしいです。

まー美味しい物、私もいただけるので、「いいよ~」と2つ返事で購入。

20120316_01.jpg
こちらが20cmの『無水鍋』、ですね。って見た目はまったく24cmのと変わりがありません…。

20120316_02.jpg
手前が20cm、奥が24cmの『無水鍋』、です。

20cmの方は主に汁物作ったり、野菜の下茹で、というのをメインに使っていますでしょうか?やっぱり2つあったほうが一度に調理できるので、便利ですねぇ~。

20120316_03.jpg

20120316_04.jpg
ちなみに、蓋を裏返しにして鍋に乗せると、こんな感じで24cmの鍋の上に20cmの鍋が載せられるようになっております。これ、収納するときに便利だ~。さすが日本のメーカー、こーゆー細かい気配りが憎いです。

20120316_05.jpg
そうそう、有元葉子さんのレシピ本、『有元葉子の無水鍋料理』を見ますと、こんな感じで3つの『無水鍋』を積んでおりますが、公式WebSite見ると、24cmと20cmの2種類しかなく…。昔はもう一回り大きいの、売っていたのでしょうか?ちょっと謎ですねぇ…。


↑1人~2人用としても使えるかなぁ?

あ、それと、実は…。

[無水鍋 20cm @ 生活春秋(広島県広島市安佐南区)]の続きを読む

テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

食_グッズ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/03/16(金) 23:05)

 ルクルーゼよりおすすめ!無水鍋 24cm のレビュー @ 生活春秋(広島県広島市安佐南区)
「ルクルーゼは要らないわよ、日本には無水鍋があるから。」


えっと、こことかここで最近鍋を買い換えた、というお話をしましたがその続きを。

20120203_03.jpg

20120203_04.jpg
我妻の誕生日プレゼントとして購入した、広島のメーカー「生活春秋」さんの『無水鍋 24cm』、で。って実は1月末に我妻の誕生日をすっかり忘れておりまして、前日にネットで注文していたのを私が支払う、ということにしてプレゼント替わりにしてもらった、というのは内緒であります…。

公式WebSiteでは、定価11340円で販売しておりますが、Amazonで8241円で購入。28%引き、ですね。20cmと24cmのどっちにするか、かなり悩んでいましたが、「大は小をかねる!」とのことで、24cmを選択したそうで。

『無水鍋』とは、その名の通り、「水なしでも調理ができる鍋」、ですね。まーこの場合は基本、野菜の蒸し焼きやホイル焼きに相当するのでありますが。それ以外にも少ない水で調理できる、とか。これによって、食材本来の旨さが液体に流れこまず、旨さをぎゅっ!と閉じ込めますね~。

通常の鍋は取手部分や蓋の持つところがプラスチックでできており、だいたいその箇所が破損してきて使い物にならなくなる、というのが壊れるポイント&買い替え時期でありますが、『無水鍋』はアルミを削り出して作っているため(2015/04/30 訂正します)アルミ鋳物で本体と取っ手が一体となっているため、そーゆー問題が発生しません。つまり、一生使える鍋なのであります。

それにさすが国産メーカー、蓋と鍋がぴったりと重なるため、密封性が高くなります。なので、ルクルーゼのように重たい蓋をして…という必要がないのであります。

それと、蓋と鍋、と言いましたが、アルミ削り出しなので(2015/04/30 訂正します)蓋もアルミ鋳物なので、なんと蓋をフライパン替わりに使うこともできるのです!一石二鳥!で、蓋で食材を炒めた後で、鍋を上にかぶせて蒸し焼きに、なんていう芸当もできるのです!ビバ、『無水鍋』!

また、再度ルクルーゼとの比較になりますが、アルミという熱伝導率のよい金属を使っていますので、早くお湯が湧いたりするので、調理時間が短くなる、というメリットもあります。

しかもしかも、なによりも一番のセールスポイントが、「ルクルーゼと比較すると軽い」!です。ルクルーゼの鍋だと、その重さから「さぁ、ルクルーゼ使って、料理するぞ!」と腕まくりするぐらい気合入れないと、取り出す&コンロにセットするのが大変、というのがあるかと。しかし、アルミという軽い金属を使っているので『無水鍋』は普通の鍋とほとんど変わらない重さでありますから、女性でも比較的簡単に扱うことができるのです!我妻が『無水鍋』欲しがったのは、この点が一番ではないかなぁ?

ちなみに鍋に汁物作ったとき、全部お玉ですくいだせないので、最後は「片手におたま、片手に鍋」という格好で器にそそぐ必要がありますが、ルクルーゼだと重すぎてこんなこと、できませんよね?男性でも厳しいでしょ?でも『無水鍋』だと、無理なくできますよ~!ほんと、使いやすいです!

ルクルーゼも『無水鍋』も「一生ものの鍋!」と言われおりますが、年取ったら重い鍋なんて扱えないんだから、ここはやっぱり『無水鍋』、でしょう!

一つだけ難点といえば、全部アルミですから、どこを触っても熱いわけですよねぇ…。なので、蓋をあける際にはミトンが必須、というのが面倒くさがりやさんには敬遠されてしまうポイントかと。

20120203_05.jpg
一応、このようなミトンがついてくるのですが、いまいち使い勝手が悪い&これ使っても熱い…という問題もあります。まーこればかりは、「『無水鍋』を使っておいしさを取る」か、「普通の鍋を使って手軽さを取る」かどちらかでしょうけど。我が家的には間違いなく前者なんですけれども。

まーそげなちっぽけな難点は、『無水鍋』で作った料理の美味しさを味わえば、ふっとんでしまうでしょう!写真じゃ見てもわからないので撮影しませんでしたが、一番最初にやった『ほうれん草の蒸し焼き』の美味しいこと!「えっ、こんなに甘さ感じるようになるんだ!」と、驚きでしたねぇ。

20120203_06.jpg
こちらは『蒸しさつまいもの塩バター』で。バターと塩で味付けて頂きました。これまたふっくらと仕上がって、甘さがギュッと詰まって、美味しいなぁ~。

20120203_07.jpg
『蒸しパン』、なんてのも作れます。今まではいちいちせいろを引っ張り出してきて作っていましたが、これも『無水鍋』を使って作ると簡単にできますよ~。

我が妻曰く、「最近買った中では一番のヒット商品!あー20cmのも買えばよかった…。」とのこと。この先も活用の機会はどんどん増えるばずなので、これを使った料理をUpしていきますよぉ~!って作るのは我妻メインですが…。

20120203_08.jpg
ちなみにこんな『無水鍋』を使った料理の冊子がついてきます。これにより、基本的な調理方法は学べるのですが、ちょっと我が家の感性にあうレシピが少なく…。 この点に関しては、いいレシピ本がありますので、別途紹介予定です!
※2012/03/09追記:レシピ本、こちらにUpしました


↑いろいろ探しましたけど、送料込みだとAmazonが最安値かなぁ?


[ルクルーゼよりおすすめ!無水鍋 24cm のレビュー @ 生活春秋(広島県広島市安佐南区)]の続きを読む

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

食_グッズ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2012/03/05(月) 23:00)

 ご飯、高級炊飯器(炊飯ジャー)より炊飯土鍋で炊いた方がおいしい!節電対策にもなるし!ほんわかふぇ 炊飯土鍋 (二重蓋) @ 和平フレイズ
あーやっとこのネタ、書けたあるよ…。


以前から書こう書こうと思っていたけど、なかなか書けずにいたネタがあります。って夕食の準備中なので、なかなかデジカメで撮影、という訳にも行かず(汗。

で、今回やっと撮影できたので、ご紹介を。

みなさん、『通販生活』はご覧になったこと、ありますでしょうか?って有名すぎるほど有名な通販カタログなので、今更感たっぷりですが(汗。

実際、掲載されている商品、お値段はそれほど安くないのですが、納得の逸品がかなり掲載されておりまして、見始めるとあれよあれよと言う間に時間が過ぎてしまう、という魔物的なカタログであります(笑)。

で、『通販生活」で常に絶賛され続け、かつ常に売上ランクの上位に位置する商品があります。

三洋電機コンシューマエレクトロニクスの『銅のかまど味 発芽玄米機能つき』、ですね。って何故かSANYOの公式WebSiteには本シリーズの情報がないのですが…。

んで、さすがに『銅のかまど味』は5万円もするので(汗、購入しなかったのですが、若干仕様が異なる『おどり炊き 圧力IHジャー炊飯器』シリーズの一つを購入して、使っていました。

確かにそれまで使用していた炊飯ジャーよりは美味しかったです。ただし3分づきや5分づきなどの玄米ご飯をたくと「う~ん、さすがにこの炊飯ジャーでも、お店で出てくる玄米ご飯には勝てないかなぁ…」と感じずにはいられませんでした。

それじゃ10万近くする超高級炊飯ジャーだとどうか?と考えましたが、量販店で超高級炊飯ジャーで炊いたご飯を試食といて頂いてみたりしてますが、「んーうちの今持っている炊飯ジャーと、そんなに変わりないじゃん…」と。なので、わざわざ高いお金出してまで、もっといい炊飯ジャーを購入する必要はないなぁ~、という結論になっていました。

んで、とある日のこと。

我妻が「今まで躊躇してたけど、炊飯土鍋、すごーく安く売っているので買ってみてもいい?もし外しても安いから、そんなにダメージないし…」と。

20110508_03.jpg
んならば買ってみるか、と購入したのがこちら、「和平フレイズ」さんの『ほんわかふぇ 炊飯土鍋 (二重蓋)』と言うもので。

いろいろサイズがあるようですが、3人家族なので、3合用を購入。2000円弱でした。

で、炊いたのを食べてみると…。「激うま!」です(笑)。今まで炊飯ジャーで炊いていたのはなんだったのか…と。ご飯の弾力が違いますね。

更に白米よりも玄米を炊いたときに、更に差がわかります。

玄米、炊飯ジャーで炊くと、独特の匂いがあり、またすこしべっしょりとした仕上がりになるのですが、炊飯土鍋で炊くと、いやな匂いがまったくなく、しかもぴん!と白米以上の弾力が。お店で出てくるもとの比較しても、まったく遜色がありません。「今まで家で炊いていた玄米ご飯はなんだったの?」と思わずにはいられません(笑)。

正直、炊飯土鍋で炊くようになってから、白米って家では食べないですね。玄米ご飯か胚芽米ご飯ばかりです。

なので「炊飯ジャーと炊飯土鍋、どっちがおいしい?」と聞かれたら、速攻で「土鍋でしょ!」と答えます。

もっと早くから使っていればよかった…と大後悔。

ちなみに、炊飯土鍋、購入に躊躇していた理由は、「炊くのが難しい!」という話を聞いていたからであります。でも、実際使ってみると…あれ、すごく簡単じゃん!なにが難しいんだよ!という感じでした。っていうか、これぐらいなら誰でも出来るでしょう!という感じで。

手順としてはこんな感じです。

(1)といだお米を炊飯土鍋に入れる。

(2)お米1合に対して1カップ(200ml)の水を入れる。玄米の場合は若干、多めに(+5%~10%)。

(3)蓋をして、最低でも15分置く。

(4)中火で火をつける。

20110508_04.jpg

(5)写真のように、蓋の縁からあぶくが出てきたら、弱火にする。

(6)弱火にしてから4分後に火を止める。

(7)15分ぐらい蒸らす。

と、実に簡単。細かい火の調整は不要で、一回中火から弱火に変えるだけ。

20110508_05.jpg
んで出来上がりはこんな感じで。お米が立ってるから(笑)!こんだけ美味しく炊ける炊飯ジャー、お目にかかったこと、ないです…。

ちなみに、「手入れが大変、カビ生えちゃった」という意見も聞きますが、それってちゃんと干してないだけなんじゃ…。

我が家は夜、洗いあげたあとで、すぐに蓋をしないでパーツ(外蓋、内蓋、土鍋の3点)ばらばらのままで干しますけど、これだけでなんの問題、なしですよ。

これで2000円なんだから、毎年買い換えてもひと月あたり170円以下、ですから(笑)!10万もする超高級炊飯ジャー買わないで、これを50年毎年買い替え続けるほうがいいと思いますよ、本当に(笑)。
※2011/05/16追記:ちなみに「毎年買い換えないとだめ」的にとらえちゃう方、いるかもしれませんが、落として割らない限りは10年ぐらい、使えそうな感じですけど。

それに、電気使わないで、ガスOnlyでご飯炊けちゃうので、震災の影響による節電対策にはもってこい、ですし。東京電力の地域の方々には、一家に一台、必需品かと(笑)。

ちなみにAmazonで「炊飯 鍋」で検索すると、いっぱいいっぱい商品が出てきます。中には1万円超えの商品、ありますが、この2000円以下という『ほんわかふぇ』で十分美味しいので、そんなに高いお金だして買う必要、ないですよー。って2000円なら外してもそんなに悲しくないし(笑)。


というわけで、↑この商品、本当にオススメなので、みなさん、一度は買ってみて、試してみて下さいねぇ。



テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

食_グッズ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/05/15(日) 22:28)

 家でかき氷するならこれ! @ アイスロボ3(ICE ROBO-III)
我が家の夏の定番品。

皆さん、暑い夏が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?暑いのが苦手な私は辛いのですが(汗。

ちなみに7月末の熊本旅行から帰ってきた後で「熊本だと、こっち(横浜)より暑かったでしょ?」と何回も何回も何回も何回も何回も(いや本当に…)聞かれましたが、そのたびにこう答えていました。

「いや、こっち(横浜)より湿気が少ないのか、からっとしているので、こっち(横浜)のほうが暑く感じますよ。実際、(熊本では)午前中はエアコンいれてなかったし…。」と。まあ熊本市内だったらむ~んとしてたのかも知れませんが、私のいた芦北郡はそんな感じでしたはい。

で、こんなくそ暑い日が続くと、我が家ではフル稼働するものがあります。

それはなにかと申しますと、「アイスロボ3(ICE ROBO-III)」という家電製品であります。もう購入して3~4年ぐらいになるかなぁ…。

まあ早い話、家庭用電動かき氷器、ですね。手でぐるぐる回すタイプのは量販店などでも見かけると思いますが、あれだと回している間に疲れるし溶けちゃうし、子供だけでやるには歯が危ないし、細かいかき氷が出来ないし、という不満点多いんですけど、これだとこーゆー不満点がない!

で、ずっと前に購入していたのですが、ネタにしていなかったので、今回ご紹介を。

20100807_01.jpg

20100807_02.jpg
形はこんな感じで。上部が氷投入口&スイッチ、手前のネジでかき氷の細かさの調整が可能です。

20100807_03.jpg
上部の蓋を開けて、氷投入。氷は冷蔵庫でできる氷で大丈夫です。

んで、氷を入れたあとで、その蓋がスイッチになります(押している間だけ、かき氷を作れる)。

20100807_04.jpg
スイッチを押している間に、こんな感じで器にがしがしと盛っていきます。

20100807_05.jpg
かき氷はこんな感じで出来ます。結構いい感じっしょ?

20100807_06.jpg
んでこれにシロップをかけて完成。「アイスロボ3(ICE ROBO-III)」設置済みであれば、ここまで2~3分で出来ますので、せっかちな方にも充分満足して頂けるかと(笑)。
※かかってるかき氷シロップに関しては、こちらを参照して下さい。


難点といえば、
・2~3合炊き電子ジャーぐらいの大きさなので、キッチン狭い方には置く場所に困る。
・かき氷作る際に、結構飛び散る(汗。よって卓上よりはキッチンシンク横で作るのがよい。
かなぁ…。

いずれにせよ、ご家庭でこれだけ簡単にできるますので、「かき氷大好き!」の方にはおすすめですよ~。


↑Amazonでも扱っているみたいですけど、なぜか色が違う…。我が家のタイプ(白)はどこで購入したか、忘れちゃいました(汗。でも子供ならカラフルの方がいいかも。

テーマ:手造り!パン・ケーキ・スイーツ - ジャンル:グルメ

食_グッズ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/08/08(日) 06:53)

 東芝 ER-D300(W)@ヨドバシカメラ 町田マルティメディア店
ここで「購入したものは別途UP予定です」って書いたのに更新する時間なくて・・・。やっとUPします。

もう結婚してからかなりたちますが(だって結婚式は「ドーハの悲劇」の翌日・・・、本当は試合見たかったけど主賓が居眠りするわけにもいかず、早く寝ました・・・翌朝TV見て、がっかりしてたの覚えてますから)、我が家の家電製品のなかで唯一新婚当時から生き延びていたのがシャープ製の電子レンジであります。確か相模原のアイ・ワールドで当時4万円ぐらいで購入したような・・・。

で、基本的には我が家は、家電製品は環境が変わったor壊れたら購入、という方針なんですけど、その掟を破ることが(笑)。

我妻、最近パン教室に通っていまして、習ったのをさっそく家で作ってみることに。んでずっと使い続けている電子レンジで焼いてみたんですが・・・。1回にバターロールが4個しか焼けない(汗。非常に効率が悪い(涙。ということで、ついに電子レンジ(オーブンレンジ)を更新することにしました。

・容量が大きい。
・パンが2段で焼ける。
・デザインがシンプル。

というのを条件で探しみると、容量はMAX33Lみたいで(この時点で人気のシャープ ヘルシオは脱落、だって容量、小さいんだもん・・・)、まあ各社の上位機種では2段は当たり前みたいなので、あとはデザインで決めることに。

と、なるとこれはもう私の出番ではなく、我妻の感性になります。ということで選んだのが東芝の「ER-D350」か「ER-D300」で。まあカタログみてもこれが一番シンプルかなぁと。

で、ER-D350とER-D300の違いは表示パネル、メニュー数、過熱水蒸気のMAX温度、色の4点ぐらいで。

メニューに関しては実際には(マニュアル付属のレシピではなく普通の)レシピを元に調理するので関係なし、MAX温度は300度もあれば十分でしょうし(型番の後ろの数値はそのままMAX温度になってます)、色は白が一番しっくりくる(ER-D350はシルバー,プラムレッド,リキッドブルー、ER-D300はホワイト,オレンジ)、ということで「ER-D300(W)」に決定。

で、ひとつ困ったとこが・・・。クチコミ評価だと一応価格.comを参考にしますが、これがひどいんです(汗。性能云々ではなく、ER-D350ER-D300も「すぐに壊れる!」というのがほとんどなんですけど・・・。で、一応迷ったんですけど、「まあすぐに壊れたら交換、1年以内に壊れたら無料修理してくれるし」というポジティブシンキングで購入することに(笑)。ってちょっとギャンブル感覚でしたが・・・。

ちなみにそのとき同レベルの機種のなかで一番安く売っていた、というのも決めてなのは内緒で(汗。ちなみに店頭販売価格ではなく、ヨドバシ.comでのほうが安かったので「yodobashi.comだともっと安かった」と言って対応してもらったのも内緒で(汗。

CIMG0130.jpg
で、今までの電子レンジより容量が大きくなった==サイズでかくなったので、そのままでは入らなくなりました・・・。幸い、我が家はシステムラックを使用しているので、高さを変えて調整して対応しましたが・・・ああ、システムラック使っていてよかった(笑)。今はこんな感じで鎮座しています。

で、購入してから数週間たちますが、今のところ正常動作しています(笑)。あー当たりだったのかも、これは(笑)。

CIMG0175_0.jpg
パンも一度に沢山焼けるようなったので効率がいいです~。焼き具合もいい感じで。

こちらが焼いたバターロールで。できたてはどんなパン屋さんで買うのより美味しいですねぇ。

写真撮るの忘れましたが、シフォンケーキも焼いてもらいました。前のよりもふっくらと焼けるようで、娘も「あ、前のより美味しい!」と分かるようです。

CIMG0176.jpg
で、焼いたバターロールに「肉の柳屋」さんのポテトサラダをはさんで食べるとそれはまた祝福の時であります。

あと最近の電子レンジってあたためだとラップ、不要なんですねぇ・・・しらなかった(汗。あー最近の製品ってすごいなぁと感心した次第で(笑)。

テーマ:暮らしを助けるアイテム - ジャンル:結婚・家庭生活

食_グッズ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/06/08(金) 23:18)

copyright © 2005 teru's blog~ヨコハマ食い出し紀行~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。